機能性重視 | 水回りを直しておこう!リフォームすべき箇所まとめ

水回りリフォームで理想の暮らしを手に入れよう!

水回りのリフォームで今の生活をより良いものに!

キッチンリフォーム、いくらかかる?

10~30万円くらいだと、ガスコンロやキッチン照明、蛇口や流し台の交換が可能です。

100~150万円くらいかけると、昔は主流だったキッチンの背面が壁に接しているタイプのものを、今流行りの対面式キッチンやオープンキッチンに交換できます。

200万円ほどかけると、より自分好みの外観のキッチンに作り替えることも。
収納棚の材質や使用するタイルの材質など、細かなところにまでこだわることで、より自分のイメージに沿ったキッチンにできます。

キッチンのリフォームで大切なのは、見た目だけではなく機能性についてしっかり考えることです。
キッチンは1日中、いろいろな作業を行う場所です。
見た目にこだわるあまり、使い勝手を軽視すると、後々ストレスに感じることが出てくる可能性も。

どのくらいの日数が必要か

キッチン本体のみの交換の場合、平均3~4日ほどでできます。
キッチンの交換にプラスして、周辺の壁や床の張り替え作業がある場合だと、約1週間ほどかかります。
キッチンの大掛かりなレイアウト変更がある場合だと、さらに日数はかかり、約2週間ほどになります。

一般的なキッチンの取り換え工事の工程をみてみましょう。
1日目は養生と解体作業が行われます。
2日目は電気と配管工事を行います。
3日目はキッチンの搬入と設置が行われます。
4日目に電気と配管の接続工事をし、引き渡しとなります。

リフォーム工事を長引かせないポイントとしては、まず気候の良い時期を選ぶことです。
台風や大雪などの天候不良が起こると、リフォームに必要な建材が届かないために工期が遅れることもあります。
また、工事前には必ず工程表をもらいましょう。
工事に変更があればその都度書き直してもらい、自分自身も工事の進捗状況を把握しておくことが大切です。


この記事をシェアする